スポンサーサイト

Posted by fujikawakudari on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A small colony

Posted by fujikawakudari on 13.2013 峡南地域の集落   1 comments   0 trackback
唐突ではあるがここで、
国土地理院発行の2万5000分の1の地形図をお手元にご用意いただきたい。
お持ちで無い方は今からでも間に合う、大型書店で取り扱っている。
決してGoogleマップなどで探してはいけない。
国土地理院のHPで閲覧も可能ではあるが、できれば紙の地図にしてほしい。
趣が違う、そう言うものだ。

富士川沿いの山間部には、
不便が故に消えてしまいそうな魅力ある小さな集落が点在する。
基本的には集落の存在する場所の標高が500m以上あることが前提となるが、
そんな集落たちを紹介していきたい。
紹介すると言っても集落の詳細なデータを記する訳ではない。
写真を見て集落の持つ魅力を少しでも感じてもらえたら幸せである。

地形図は等高線が記してあるので、
如何に素晴らしい所に集落があるのかと理解がし易い。

DSC_9754.jpg

DSC_9762.jpg

船頭の職に応募する前に、富士川が如何様な所か視察に来た時
ある集落に心を奪われた。
身を置かせてもらっている我が集落『十谷(じっこく)』である。

一度目の時は『ここの人は家を貸しもしないし、売りもしない』と言われた。
諦めきれず三度目の訪問時に組長を訪ね、今の生活を手に入れた。

三年前のこの時期に集落を訪れ心を奪われた。
厳密に言えば、集落へのアプローチに心奪われた。
紅葉の時期に毎日この道を通り抜け出勤したい。
その思いが今は叶い、身を置かせてもらっている。

DSC_9178.jpg

DSC_2191.jpg

十谷が存在するのは標高560m。
山間部に住むのであれば1mでも標高の高い所にすべきだ。
僕のような変人になると標高の高さがある種ステータスとなる。

DSC_5312.jpg

ここに限ったことではないが、
山間部の集落では若者は便利な都会に憧れ、
仕事に通うのに不便だと下界に下りる。
高齢化の進んでいる集落だ。

あと何十年か先にこの集落で人は生活をしているのだろうか?

ito
スポンサーサイト

プロフィール

fujikawakudari

Author:fujikawakudari
山梨県富士川下りのブログへようこそ!
富士川下り公式サイトはこちら

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。